--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2010'09.18.Sat

モヤモヤ

 こんばんは、皆様。管理人です。
 日記が久しぶり過ぎて……本日も申し訳ありません。時間という物は、あっという間に過ぎてしまうようです。

 年を追うごとに自分の好みが細くなって、頑固者になっている気がするこの頃です。もっと幅広い萌え心を持たなきゃとは思うのですが……(苦笑)

 そんなこんなで、細々と本日は駄犬忘却ネタを打っているのですが、作業が進まず、本日もなにも上げられないまま終わりそうです。

 駄犬シリーズは、以前打った現代ネタの有刺鉄線の逆でいこうと思っていたので、殺生丸様→りんりんという図式のようなベッタリ感がある話だったりして、その図式自体殺りんとして、どうよ?と自問しつつ、二次創作という言葉でそれらをスルーしてきた話で…………気に入っているのですが、さくさく作業が出来ず、話も進められず……自分でもどうしたらいいのだろうと、思うことがあるのです。

 やはり、皆様思うと思いますが、書きだしたなら完結させたいのが書き手というもので、それが上手くできないことに情けないわけです。

 つまり、今後このネタでどこまで出来るか、正直とても不安なので、今打っている喪失Daysでネタばらしとかしてしまおうかなとか思っているのです。たいしたことじゃなくてすみません。

 っていうか、このネタにはちゃんとりんちゃんのライバルキャラがいて、二次創作でそういうオリジナルってどうなのよ!?という自問自答の果て、りんりんのライバルはりんりんでいいじゃん、異世界ネタにあるようなベタさで「あら、こんな所にあんな人のそっくりさん」的に、りんりんにだって、りんりんのそっくりさんがいたって間違って無いという展開にしたかったのです。
 だから、先に琥珀くんを出しておいたというのに、生かされないまま、月日が経ってしまい…………。
 同人誌の女神の娘も最初に思わせぶりな台詞があるわりに、前編後半あたりからぐだぐだになって、後編の虫がいい展開がちょっと気になっていたのです。(でも、イベントに間に合わなくて、その辺りはスルーしまくって、作中誰も突っ込まないように書いてしまいました(汗)
 でも、そういうモヤモヤが上手く消化出来ない自分の不甲斐なさが、やはり情けなく、申し訳なく思うのです。

 不甲斐ない管理人で、本当にごめんなさいです。
 温かなコメントもいただき、改めて皆様の言葉の有り難みを噛みしめています。なのに、更新が無くて………結局そこに辿り着くので、早く更新して、皆様に大きくありがとうとと向き合えるようになりたいです。

 ではでは、お休みなさいませ。
徒然トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。