--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2011'03.14.Mon

お見舞い申し上げます

 こんばんは、皆様。管理人です。

 ここ数日、無力さを噛みしめる日々です。
 連日報道される状況の過酷さに、言葉もなく、けれども今の自分には何も出来ず、被災地の方々の安否を祈るばかりです。多くの方が切実に助けを求めているだろう現実は想像に難くなく、涙が出てきます。
 震災で亡くなってしまわれた方々に心よりご冥福をお祈り致します。

 また、報道という名にもとに、大切な方を失っただろう方々への配慮も何もない無遠慮な質問には、見るたびに腹が立ち、「どんなお気持ちですか?」という台詞が信じられません。
 多分、連日の報道を目にされている殆どの方は、被災地の状況に日々胸を痛め、少しでも状況が好転して欲しいと願っていると思います。そういうみんなの気持ちをも踏みにじってるような気がしました。
 昨日の番組が酷くて……小さな、小学校行くか行かないかぐらいの子供さんに対して、「お父さんとお母さんがいなくて、今どんな気持ち?」とかいう、恐ろしい質問をしていました。………架空の人物云々云う前に、この恐ろしい報道の人達から子共を守って欲しいです。年齢関係なく、この質問を被災者の方にし続けるのを止めて欲しいです。
 個人的には、現在教育チャンネルで行ってる、安否についてや、生活情報の放送が、もっとも大事で有益な放送だと思いました。



 
徒然トラックバック(0)  コメント(-) 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。